Kloundsec for SSL with Custom Domain on GitHub Pages

Kloudsec を使って3 stepsでCustom domainなGitHub PagesのSSL対応をする.

/20160311/eyecatch.png
  1. Kloudsec
  2. 3 steps Integration
  3. See Also

Kloudsec

Kloudsec はDomainをKloudsecのCDNのIPに向けるだけで、サイトの問題点の分析と修正をしてくれるサービス.

以前 にCloudFlareでCustom domainなGitHub PagesのSSL対応をする記事を書いたが、 CloudFlareを使おうとすると DNS server (Name server) をCloudFlareのDNS serverに切り替えないといけなく、 これが結構負担になった.

Kloudsec for GitHub Pages を使用すると、既存のDNS serverのままで、 DNS recordを変更するだけでCustom domainなGitHub PagesのSSL対応ができる.

3 steps Integration

GitHub PageのKloudsecへの登録は 3 steps で完了する.

Kloudsec for GitHub Pages

Register a Kloudsec account

/20160311/register_account.png

EmailとPasswordを入力.

Configure your Github Page

/20160311/configure_github_page.png

登録するGitHub PageのRepositoryのURLと登録するCustom domainを入力. 登録するRepositioryに CNAME fileを追加. (Quick start: Setting up a custom domain)

Configure your DNS settings

/20160311/configure_dns.png

最後に表示されている設定を使用しているDNS serverに登録する. FormのInput要素をClickするとClipboardにcopyされる.

※Record 2の登録の際はSubdomainに注意. ↑の画像の場合、登録するSubdomainは kloudsecurity****.gh-pages となる.

最後に I’m done! Bring me to my dashboard. をClickすれば完了.

これだけでCDNの接続は完了.

すこし待つと

/20160311/ssl_certificate_ready.png

の様なEmailが届きSSLの設定も完了.

裏では Let’s Encrypt を使用しているらしい.


Kloudsecを使うととてつもなく簡単にCustom domainなGitHub PagesをSSL対応できた.

Kloudsecはそれだけではなく、 Page Optimizer (Page毎のPerformance analizingや、CDN cacheやImage optimizerによるPage optimizing.) や Offline Protection (Original pageの障害時にStatic backupを配信.) などの機能がPluginsとして用意されている.

まだβらしいので、そのリスクは認識した上で使用して下さい. (このBlogはKloudsecを使用.)

See Also